着物売るなら

\着物を高く売りたいなら/

トップページ > 京都府

いらない着物を売りたい!
成人式の振袖を処分したい!
遺品の着物を整理したい!


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、京都府内で振袖や訪問着、和装小物などを整理・処分したいと思っている方のために、査定料無料で高価買取してくれる着物買取業者をご紹介しています。

着物を高く売りたいなら着物買取専門の業者へ

ネットオークションやフリーマーケットを利用して着物を売る方もいるかと思いますが、品物を出品登録する際には手数料がかかるほか、必ずしも買い手が見つかるとは限りません。

反対にこちらでおすすめしている着物買取業者の場合には、着物買取専門の査定員がきちんと査定してくれます。価値ある着物を不当な金額で買い取られる心配もなく安心です。

そんな着物買取業者で着物を売る場合には、「持込買取(店舗買取)」「出張買取」「宅配買取」の主に3つの方法があります。

ここからは、その3つのうち「出張買取」または「宅配買取」で着物を売る流れをご紹介したいと思います。

着物の売り方は?【出張買取と宅配買取の流れ】

1.ネットで査定の予約申し込み

出張買取・宅配買取ともに、インターネットから査定の申し込みをします。

ネット申込に対応している所であれば、24時間365日申し込み可能です。

2.査定の事前準備

出張買取の場合は、査定の希望日時を伝え、査定日当日には売りたい着物を用意しておきます。

宅配買取の場合は、着物をきちんと梱包して段ボールに入れて着物買取業者宛てに発送します。(※無料宅配キットのある業者であれば、そちらを利用すると便利です。)

3.買取査定

出張買取の場合は、お住まいの地域により異なりますが、最短30分で査定員が訪問。ご自宅に到着後すぐに査定が始まり、その場で査定金額が分かります。

宅配買取の場合は、着物の発送後1~3営業日で査定が始まり、メールまたは電話で査定金額の連絡があります。

4.買取成立

着物の査定金額に満足できれば、買取成立という流れになります。

出張買取の場合は、その場で現金を受け取ることができます。(※査定金額にもよります)

宅配買取の場合は、査定後最短当日もしくは2営業日ほどで査定金額が振込されます。

評判の着物買取業者はココ!
\おすすめ人気ランキング/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 最短30分で出張査定
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 査定だけでもOK
  • 国内最大級の買取業者で安心
  • 顧客満足度NO.1で人気

【買取対象となる着物類】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

スピード買取.jpでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポート、健康保険証などの本人確認書類

和装小物もまとめて査定OK
買取方法出張買取
宅配買取
持込買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時は着払いにてお客様負担)
  • 最短30分で出張査定
  • 国内大手の買取業者
  • 着物買取のプロが査定

【買取対象品はこちら】
作家着物、訪問着、黒留袖、帯などの和装品など

買取プレミアムでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
柄や色が古い着物、汚れやしわが付いてしまった着物、帯締め・草履やバッグなどの和装小物、証紙や証明書がない着物、価値のわからない着物

【必要なもの】
運転免許証、健康保険証、パスポートなどの本人確認書類

24時間365日対応可能
買取方法出張買取
宅配買取
店舗買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送料が別途必要)
  • 宅配買取の送料無料
  • 着物鑑定士による査定で安心
  • 他社で断られたものでもOK

【買取対象品はこちら】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、色無地、作家物、小紋など

福ちゃんでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
色褪せた着物、虫食い穴のある着物、シミ・汚れのある着物、証紙がない着物、和装小物、反物、帯、紋付

【必要なもの】
運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票(発行から3か月以内の原本)などの本人確認書類

まとめ

日本で古くから受け継がれてきた日本の伝統文化と言えば「着物」。

昔に比べると着物を着る機会が少なくなっていますが、成人式をはじめ七五三のお宮参りや冠婚葬祭など、いまだに着物の需要はあります。

最近では、遺品整理をきっかけに着物を売る方が増えているほどです。

気になる着物の価値はピンからキリまであります。思っている以上に高値で買い取ってもらえるケースもあることから、「着物買取」が評判を集めています。

タンスの中に着物が眠っているという方は、宝の持ち腐れになっているかもしれません。査定だけでも無料で行なってもらえる所が多いので、ぜひ無料査定に申し込んでみてはいかがでしょうか。

京都府の方向け着物を売る方法に関するQ&A

こちらでは、着物を売りたいと思っている方のために、着物買取に関する質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

査定に申し込む前にチェックして、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Q. 祖母の遺品の着物をなるべく高値で売りたいんですが、損をしない売り方ってありますか?

A. 着物を高額査定してもらうコツはありますよ。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で買い取ってもらう売り方は上記のとおりになります。

そのほか、査定額が比較的高額になる着物は、人気の色や柄などが関係してくると考えられています。

成人式などで着用する振袖で例えると、赤やピンクがやはり人気が高く高価買取してもらいやすいようです。

それから、小さいサイズの着物は需要が少ないため査定額が下がってしまいますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. いらない着物を売ろうと思うんですが、価値がまったく分かりません。査定相場はどのくらいになるでしょうか?

A. 着物の状態によって査定金額が大きく違ってくるため、以下の査定相場はあくまでも目安にしてみて下さい。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物に少しのキズや汚れ、シミがある場合は査定額が低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものです。ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれる可能性がありますよ。

こちらでご紹介しているスピード買取.jp買取プレミアム福ちゃんなら無料査定を行なっていますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

Q. 着物を出張査定してもらおうかと思っています。着物を1枚だけ売ることって出来ますか?もし査定に来てもらった時に追加で査定してもらうことは出来ますか?

A. 出張査定が無料であっても有料であっても、1点から査定可能です。査定時に追加で着物以外のブランド品などを査定することも可能です。

査定の際、品物が多ければ多いほど査定金額は高くなる傾向にあります。

着物を複数枚持っている方はできるだけまとめて査定してもらったり、着物以外にブランド品や貴金属などをお持ちであれば、追加で査定してもらうとお得になりますよ。

出張費も査定料も無料で行なってくれる買取業者なら、品物の制限なく1点から丁寧に査定してくれるのでおすすめです。

着物の売り方基礎知識コラム

もう着なくなった着物を売るため、高額査定の決め手になるのは何かネットであれこれ調べてみました。


ものが良くて、買ったときに高かったというのは最低限要求されます。それにプラスして、シミがないこと、傷がないことなども査定のときにはシビアに見られるようです。
元々の品質は良かったものでもプロが傷を見つけてしまうと査定額をかなり減らされてしまうようです。

自分が持っている着物の中に、特に大事にしていた織り着物があって、手入れを欠かさずに長いこととっておいても洋服しか着ない毎日ですし、この先、その着物を着る機会がないと気づきいろいろ考えた末、処分しようと決心しました。ネットやタウンページで調べたところ、着物の買取を行う業者が、いくつもヒットしました。



ゴミとして捨てるのは辛いし、他の誰かに着てもらえれば着物にとってもいいだろうと思い、思い切って売ろうと決めました。
古着を売ったことはあっても和服を売ったという人は少ないので、処分する際には、高値で売るために評判の着物買取業者の評価をチェックしておいたほうが良いでしょう。サービスが充実していて高値買取してくれそうな和服専門業者を見つけ出し、複数のところに査定してもらい、比べてみると一目瞭然です。
買取値や査定理由が明確なところを選ぶと損することなく良い売却結果につながると思います。買取のとき、着物と一緒に持って行き、証紙を一緒に提出することをすすめます。

反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、産地で、一定以上の品質の製品だと証明として発行された登録商標になっています。

もう必要ないと思うのか、捨ててしまう方や所在不明という方も実際にいますが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので捨てていなければ、ぜひ探してください。


着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうとき送るときには、最後まで気を遣ってください。

着物の価値の一部にもなっている、切れ端や保証書を保管しておいたか、確かめることです。
家電などの買取経験があればおわかりの通り、品質を示すためにこうしたものがあるわけで、ブランド品であればなおさら、あるかないかで査定には大きな影響が出ますので取っておいたものを全部、送るとき、相手にわかるように入れておきましょう。古い着物はどこのご家庭にもあると思いますが、その処分にお困りの方もこれから増えていくでしょう。

着ていた人のことを考えれば捨てたくないですし、価値があるなら、売ってお金をもらいたいですよね。
着物の買取専門店は何軒もありますが、全国から買取をしている友禅市場はいかがでしょうか。

全国どこからでも送料無料、査定料もかからないのです。価値を調べてもらい、その後で売るかどうかを決められます。
着物の処分を考えている方、まずは試しでぜひ一度検討してみてください。着る人のいない和服を処分するとき、気になるのはやはり価格ですよね。
だいたいでいいから相場を知りたいという人は多いです。


しかし中古品といっても和服の場合は、保管状態だけでなく、元々の品物の良さ、素材や汎用性(希少性)でも値付けが異なるので、例を挙げるのが困難な商品です。


例えば同じ種類・状態の着物なら、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。価値をきちんと鑑定するのが専門店ですから、そういうところに見てもらうのが高値売却のコツだと思います。

着物が何枚か、家のタンスの奥にも眠っていて、買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、これがいくらになるのかを査定してくれるのはどこか、なかなか人に聞くこともできなかったので全く動けないままでした。近頃は着物買取業者も競争が激しいのか、宅配で買い取りするお店も結構あると聞いています。
いいお店をランキングサイトで調べ、自分の希望に合ったサービスを行うお店を家族で検討しています。要らなくなって場所をとるばかりの和服の処分に困って、そのままという人も多いでしょう。このところリサイクルブームで和服専門の買取業者が多くなって、処分も簡単になったようですよ。ずっと寝かせていた着物類ですが、誰かが袖を通すことで、新たな命が吹き込まれるのです。
査定料や相談料が無料の業者さんも多く、宅配便も利用できるなど昔よりだいぶ便利になっています。

紬や訪問着など案外、高値になることもあります。いままで知らなかったのですが、着物の買取は、宅配便を利用するのが最近では珍しくないようなので、形見にもらって着ない(小さい)着物をこの際、処分しようかと考えています。

しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、信頼のおける専門店にお願いしたいと思っています。古着売買には古物商の届出が要るため、とりあえずそれを確認してから依頼するつもりです。

京都府の方向け着物の買取に関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

京都府で着物を高く売るなら